top of page

ウェブサイトを多言語に翻訳する準備をする際に考慮すべき9つのこと

更新日:1月9日



ウェブサイトを多言語に翻訳する準備をする際に考慮すべき9つの点をお伝えします。


1.どの言語に翻訳するかを決定する:ターゲットとするユーザーがどの言語を話すか、どの市場に参入したいか等を検討します。

2.プロの翻訳会社(翻訳者)に依頼する:訳者は、ソース言語に堪能な、ターゲット言語の母語話者であり、更にウェブサイトの翻訳経験があるプロの翻訳者であることが重要です。

3.関連するコンテンツをすべて集める:テキスト、画像、動画など、翻訳が必要なコンテンツがすべて揃っているか確認します。

4.わかりやすく、簡潔な表現にする:翻訳文は、原文よりもスペースを当する可能性があることを念頭に置き、読みやすく、理解しやすいように明確で簡潔な言葉を使いましょう。

5. 文化の違いを考慮する:文化的(または宗教的)な違いを認識し、国によってコンテンツの受け取り方が日本人であるあなたと異なる可能性があることを十分に考慮しましょう。

6.検索エンジンに最適化する:翻訳したコンテンツをターゲット言語の検索エンジン向けに最適化し、Webサイトの視認性を向上させます。

7. 翻訳したウェブサイトをテストする:翻訳されたウェブサイトをテストし、すべてのコンテンツが正しく表示されているか、ナビゲーションや機能性に問題がないかを確認します。

8.ターゲット言語でのサポート:海外のお客様により良いサービスを提供するために、ターゲット言語でのカスタマーサポートを提供することを検討してください。

9.定期的な見直しと更新:翻訳されたコンテンツが正確で最新であることを確認するため、定期的にレビューとアップデートを行いましょう。


以上、9つを事前に準備することで、Webサイトの翻訳を成功させ、世界中のユーザーに効果的にメッセージを届けるすることができます!


ウェブサイトの多言語ローカリゼーションの実績豊富な翻訳会社をお探しでしたら、ぜひアシーマの翻訳サービスをご検討ください。


閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page