top of page

ウェブサイトの多言語化の利点と、多言語化をお勧めしたい業界とその理由とは?

更新日:1月9日




顧客基盤を拡大すべく、事業の海外展開やインバウンド事業を検討されている企業様ですと、既に自社サイトを様々な言語に翻訳することを検討されているかと思います。


特に、以下のような多言語コンテンツへの需要が高い業界で事業を行う企業様の場合は、ウェブサイト(ホームページ)の多言語化によって、大きな売上アップが見込めます。


●観光業や接客業:ホテル・旅館などの宿泊施設、ツアー会社、レストラン等の飲食店を経営している場合、多言語ウェブサイトがあれば、海外からの旅行者を惹きつけることが可能です。

●Eコマース(オンラインストア):オンラインで製品やサービスを販売する場合、他言語ウェブサイトを利用することで、様々な国の顧客にアプローチでき、売上を伸ばすことができる可能性があります。

●製造と輸出:製品の製造や、海外輸出を行う場合、多言語ウェブサイトがあれば、世界中の潜在顧客やパートナーとのコミュニケーションに役立ちます。

●専門的なサービス:法律、金融、コンサルティングなどの専門的なサービスを提供している場合、外国語に翻訳されたウェブサイトを利用する世界中の顧客に効果的にアプローチが可能です。


つまり、事業範囲を拡大し、海外の顧客を引き付けたいと考えている企業において、自社のウェブサイトをさまざまな言語に翻訳することを検討することは、大きな利益を得られる可能性が高まります。また翻訳費用については、国や市町村や支援団体が用意している助成金や補助金などの支援金が利用可能ですので、タイミングとしても今が絶好のチャンスと言えます。


次に、ウェブサイトを多言語化することによる利点をいくつか具体的に挙げていきたいと思います。


① 顧客基盤の拡大:ウェブサイトを多言語化することで、より多くの人々にリーチし、より多くの顧客を獲得できる可能性があります。

② ユーザーエクスペリエンスの向上:ウェブサイトが日本語のみで書かれている場合、日本語が分からない訪問者は、サイト内を操作したり、内容を理解することができません。

コンテンツを各言語に翻訳をすることで、そのような訪問者のユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

③ 信頼性の向上:プロが翻訳したウェブサイトであることは、御社事業の信頼度を保ち、また確立されたものであるという印象を与えることができます(反対に、プロでない、または母語話者でない翻訳者による翻訳の場合は、信頼性を損なう可能性があるので注意が必要です)。

④ 検索エンジンの最適化(SEO)を促進:2022年現在は、何かが欲しい、または必要なモノやサービスがある際には、消費者は、まずインターネットでそれについて検索するのが当たり前の時代となっています。多言語化されたウェブサイトは、その言語の検索結果で上位に表示され、より多くのオーガニック・トラフィックにつながる可能性があります。

⑤ グローバルリーチの拡大:多言語ウェブサイトは、新しい市場を開拓し、海外のお客様へのアプローチに役立ちます。


このように、ウェブサイトを多言語に翻訳することは、ビジネスを拡大し、世界中の人々にリーチするための貴重な投資となり得ます。


翻訳サービスをお探しでしたら、ぜひアシーマの翻訳サービスをご検討ください。


閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page