top of page

英語(外国語)が話せなくても外国人客の対応をする方法とコツ



外国人顧客の対応をする際は、以下に効果的にサービスを提供する方法を見つけることが重要です。特に、英語を話せないスタッフによる対応は困難です。ここでは、英語(外国語)を話さないスタッフがいる場合に、英語(外国語)を話すお客様に対応するためのいくつかのヒントをご紹介します。


翻訳ツールを利用する:英語(外国語)を話さないスタッフと英語(外国語)を話すお客様とのコミュニケーションを円滑にするために、オンライン翻訳ツールやアプリがたくさんあります。これらのツールは、単語やフレーズを瞬時に翻訳してくれるため、スタッフが顧客のニーズを理解し、対応することが容易になります。


通訳者を雇う:英語(外国語)を話す顧客が多い場合、英語(外国語)とビジネスの主要言語の両方に堪能な翻訳者を雇うことを検討する価値があるかもしれません。英語(外国語)を話すお客様とのコミュニケーションがスムーズになり、より良いサービスを提供することができます。


ビジュアルエイドを使用する:口頭でのコミュニケーションが難しい場合、絵やジェスチャーなど視覚的なものを使って、英語(外国語)を話すお客様とコミュニケーションをとることができます。特に、日本語が苦手なお客さまに対応する際に有効です。


パンフレットや書面を用意をする:メニューやパンフレット、商品説明などの書面がある場合、英語(外国語)と日本語で提供することを検討してください。英語(外国語)を話すお客さまが理解しやすく、十分な情報を得た上で意思決定ができるようになります。その際、人間による翻訳サービスを利用することが最も安心ですが、もし予算の都合で機械翻訳を使用する場合は、翻訳は必ず人間による翻訳の確認を行うことを強くお勧めします。その理由はこちら


辛抱強く、友好的に:英語(外国語)を話すお客様とのコミュニケーションでは、たとえ言葉の壁があったとしても、辛抱強く、友好的に対応することが大切です。積極的な態度と協力的な態度は、信頼関係を築き、ポジティブな顧客体験を生み出すのに大いに役立ちます。


以上のように、社内に英語(外国語)を話さないスタッフが多くいる場合、英語(外国語)を話す顧客に対応するために企業が取るべき方法はいくつかあります。翻訳ツールの使用、通訳者の雇用、視覚教材の使用、資料の提供、忍耐強く親切に対応することなどが挙げられます。これらのステップを踏むことで、言葉の壁に関係なく、すべてのお客様に効果的なサービスを提供し、ニーズを満たすことができるようになるのです。


もし、翻訳サービスをお探しでしたら、ぜひアシーマの翻訳サービスをご検討ください。

閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page