top of page

マーケティングにおける翻訳品質の重要性とその4つの理由


importance of quality translation in marketing


マーケティングは、ビジネスを成功させるために不可欠な要素です。マーケティングとは、ターゲットとなる市場に向けて自社の製品やサービスを宣伝し、販売し、流通させるためのプロセスですので、マーケティングなくして、ビジネスの成功はおろか、生き残ることもままならないと言っても過言ではありません。


マーケティングは、あらゆるビジネスの成功に不可欠な要素であり。商品やサービスの認知度の向上、新規顧客の獲得、既存顧客の維持、競合他社との差別化、全体的な成長の支援に役立ちます。効果的なマーケティング戦略なくして、今日の競争の激しい市場で生き残ることは非常に困難です。そのため、企業にとって重要なのは、自社の製品やサービスを適切な対象者に効果的に訴求するための包括的なマーケティング戦略の策定に時間とリソースの投資です。


このように企業にとって事業の要ともいえるマーケティング・プロセスにおいて作成される様々な資料の翻訳の品質が大変重要であることは、今、この記事をご覧頂いている方は、既にお気づきだと思います。せっかく素晴らしいマーケティング資料を作成したのにもかかわらず、翻訳の品質が悪くて努力が水の泡になってしまうことだけは避けたいとお考えではないでしょうか?


そこで今回は、マーケティング関連資料の翻訳品質が重要である4つの主な理由をお伝えしたいと思います。


マーケティング資料の翻訳の品質が重要である理由の一つは、それによって伝達されるメッセージの明瞭性と正確性に影響を及ぼす可能性があるからです。翻訳の品質が低いと、混乱や誤解を招き、潜在顧客が離れてしまう可能性が生じます。例えば、製品を購入するメリットが正確に翻訳されていないと、潜在顧客はなぜその製品を購入すべきなのか理解できません。同様に、コール・トゥ・アクション、いわゆる行動喚起が正しく翻訳されていなければ、次に何をすべきなのかがターゲット・オーディエンスに伝わりません。


次に、翻訳品質は、企業の全体的なブランディングやイメージに影響を与える可能性があるからです。翻訳品質が低いと、企業自体が素人集団であるような、信頼性に欠ける企業に見えてしまうことがあります。これは、特に新しい市場で地位を確立しようとしている企業にとっては、大きなダメージとなりかねません。一方、高品質の翻訳は、潜在的な顧客との信頼関係を構築するのに役立ちます。


また、マーケティング関連資料を翻訳する際には、文化的背景が反映されていることも重要です。文化が違えば、習慣や価値観、コミュニケーションの取り方も異なります。翻訳は、その言葉の母語話者に向けたメッセージですので、優れた翻訳者は、こうした文化的な違いを考慮し、マーケティングメッセージの翻訳についてもそれに合わせて細心の注意を払い。調整します。例えば、ある言語で通用する慣用句や口語表現は、別の言語では適切でない、あるいは意味をなさないことが多々あります。文化的背景を考慮しない素人レベルの翻訳では、ターゲットであるその言語の母語話者に対して、無神経で、あるいは攻撃的な印象を与えてしまうことがあります。


更に、翻訳の品質は法律や規制の遵守においても重要であると言えます。多くの国では、広告やマーケティング資料における言語の使用を規定する法律や規制も存在します。それらを考慮していないような質の悪い素人の翻訳を知らずに公開することで、企業がこれらの法律や規制に違反することになり、罰金や処罰の対象となる可能性があるので注意が必要です。


翻訳の品質が低いと、伝達されるメッセージの明確性や正確性、企業全体のブランディングやイメージ、文化的背景、法律や規制の要件への準拠に悪影響を及ぼす可能性があるため、マーケティング資料の翻訳については、特に注意が必要です。海外向けのマーケティングを効果的かつ成功させるためには、必要なスキル、知識、経験を備えたプロの翻訳者の起用が不可欠であると言えます。


弊社では、数多くの外資系企業様に翻訳品質を認めて頂き、特にマーケティング関連に関しては、国内外向けのマーケティング資料やテレビ・コマーシャル、内閣府などを含む官公庁の海外向けPR映像やウェブサイト運営等の数多くのプロジェクトに継続的に携わらせて頂いております。


翻訳とはただ言葉を別の言葉に訳すのではなく、目的や、読み手の文化や習慣などの背景を考慮し、自然でわかりやすく、更に原文の意図を損なわないよう細部まで配慮した翻訳の提供を心掛けています。



もし翻訳サービスをお探しでしたら、ぜひアシーマの翻訳サービスをご検討ください。


御社のお力になれるよう、全力でサポートさせて頂きます。

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page