top of page

翻訳と通訳の違い




通訳と翻訳には共通点がありますが、それぞれ異なるスキルが必要です。

翻訳者が文章を扱うのに対し、通訳者は口頭で言語を媒介します。

翻訳者は、言語学的な観点から、読解力、伝達力、目標言語生成能力を備えていなければなりません。

また、限られた外部リソースの中で、より迅速にコンテンツを提供するために、通訳者はワーキングメモリを最大限に活用しなければなりません。


翻訳と通訳の違いを理解する

翻訳と通訳の区別はよく間違われます。

では、実際にどのような違いがあるのでしょうか。

翻訳と通訳を直接比較する前に、いくつかの重要な要素を見極める必要があります。


まず、通訳と翻訳の違いは、通訳が話し言葉を扱うのに対し、翻訳が書き言葉を扱う点です。

また、翻訳と通訳の違いは、前者が外部リソースに大きくアクセスしながら時間をかけて行われるのに対し、後者はライブシナリオの中で即座に行われることです。

以下、翻訳と通訳の違いについて、より詳しく説明します。


翻訳

翻訳業界では、ある言語(ソース言語)からターゲット言語へ文章をうまく翻訳することが仕事です。

翻訳と通訳の大きな違いは、翻訳者が作業する際に、より多くのコンピュータ支援ツールを使用する場合もあります。


また、正確な翻訳をするために、テキストを読み、並行輸入品など他の文献を参照することもできます。翻訳と通訳の大きな違いは、翻訳者は書籍やWebサイトなどの文章を専門に扱うことです。


通訳

通訳では、話し手が伝えたいことを言い換えることに重点が置かれます。

会議、ミーティング、約束の時間、テレビの生中継など、生の会話を通訳者が外国語で繰り返し伝えることです。

通訳はリアルタイムで行われるため、コミュニケーション能力が高く、プレッシャーに強い人材が求められます。


また、通訳には、同時通訳、逐次通訳、ウィスパリングという3つの異なるモードが存在しています。それぞれの違いは、こちらの記事で詳しく説明していますので、併せてご覧ください。


それでは、今回は、翻訳と通訳の主な違いを簡単に説明いたしました。


ご不明点などありましたら、いつでもお気軽に弊社までお問い合わせください。





閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page