top of page

ハワイと日本の歴史的関係:19世紀から20世紀初頭までの接触とその影響


ハワイの海
ハワイの海


ハワイ王国と日本の歴史的な関係には、多くの興味深い事実と逸話があります。特に、19世紀後半から20世紀初頭にかけての両国間の接触は、外交、貿易、移民、文化交流など多岐に渡ります。また、ハワイの先住民が経験した複雑で深い歴史や、1993年にビル・クリントン大統領がハワイ先住民に対して行った謝罪も重要な要素です。今回は、ハワイ王国と日本の関係、カラカウア王の訪日とその提案、ハワイの日系人の歴史、リリウオカラニ女王の生涯、ハワイ先住民の史実、クリントン大統領の謝罪にスポットを当て、日本とハワイ間の歴史的な繋がりとその影響についてご紹介したいと思います。

 

1. ハワイ先住民の歴史


1.1 ハワイ先住民の起源

紀元前300年頃から紀元後600年頃にかけて、古代ポリネシア人がカヌー航海技術を駆使して太平洋を渡り、ハワイ諸島に移り住みました。そして彼らが、ハワイ諸島独自の文化と社会を築き上げました。

 

1.2 古代ハワイ社会の構造

古代ハワイ社会は、厳格な階層制度(カプ制度)によって構成されていました。古代ハワイ社会は主に次のような階層に分かれていました:

  • アリイ(Aliʻi):貴族や支配者階級。王族やその血縁者が含まれる。

  • カフナ(Kahuna):宗教的指導者や専門職。医師、占い師、工芸職人などが含まれる。

  • マカアイナナ(Makaʻāinana):一般庶民や農民。土地を耕し、漁業や狩猟を行う。

  • カウア(Kauwa):社会の最下層。捕虜や奴隷に相当し、特定のタブーに従う必要があった。


1.3 宗教と文化

ハワイ先住民の文化は、自然崇拝と多神教が中心でした。主な神々には、創造神のクー(Kū)、豊穣の神ロノ(Lono)、戦いの神カナロア(Kanaloa)、火山の女神ペレ(Pele)などがいます。宗教儀式や祝祭、舞踊(フラ)などが重要な文化的要素でした。


1.4 欧米との初接触

1778年、イギリスの探検家ジェームズ・クック船長がハワイ諸島に到達しました。クック船長の到来は、ハワイの歴史を大きく変える出来事となり、クック船長の探検以降、欧米からの商人や宣教師がハワイを訪れ、ハワイの伝統的な生活様式に大きな影響を与えました。特に宣教師たちは、キリスト教を広め、ハワイ語の聖書を作成し、教育制度を導入しましたが、その過程で多くのハワイ伝統文化が失われました。


1.5 疫病の蔓延と人口減少

ハワイでもまた、ヨーロッパ人やアメリカ人により持ち込まれた病気によって、ハワイ先住民の人口が劇的に減少しました。天然痘、インフルエンザ、麻疹などの病気がハワイに伝わり、多くの先住民はそれらの免疫を持っていなかったため、大規模な死者が出ました。このような疫病の蔓延は、ハワイの社会と文化に深刻な影響を与えました。


2. 初期の接触と外交関係


2.1 最初の日本人移民(1868年)

1868年、ハワイ王国は最初の日本人移民を受け入れました。これは「元年者」として知られ、149人の日本人がハワイに渡りました。彼らは主にサトウキビ農園で働くために移住しましたが、移住は成功せず、一時的なものとなりました。


2.2 日布修好条約(1871年)

1871年、ハワイ王国と日本国は正式な外交関係を樹立しました。この年に締結された「日布修好条約」は、両国間の平和と友好を確認するものであり、、日本が海外と正式に結んだ初の条約の一つであり、ハワイ王国にとっても重要な外交的成功です。


3. カラカウア王の訪日と提案


3.1 カラカウア王の訪日(1881年)

1881年、ハワイ国王カラカウア1世は世界一周旅行の途中に日本を訪れ、赤坂離宮にて明治天皇と会談しました。カラカウア王は日本を訪れた最初の外国の国家元首であり、この会談はハワイと日本の関係に興味深い影響を与えるものでした。


3.2 カラカウア王の提案

実は、このカラカウア王の訪日は、単なる外交儀礼ではなく、ハワイ王国の存続を賭けた重要な外交ミッションでした。19世紀後半、ハワイ王国は急速に増加するアメリカ人移民とその経済的・政治的影響力に直面していました。カラカウア王は、ハワイ王国の独立を維持するために、日本との強固な関係を築くことが必要であると考えていました。

カラカウア王は、以下のような提案を明治天皇に行いました:

  1. 婚姻による結びつきの強化 カラカウア王は、彼の姪であるカイウラニ王女と山階宮定麿親王(後の東伏見宮依仁親王)との婚姻を提案しました。この縁組は、両国の王室間の結びつきを強化し、政治的にも文化的にも相互に利益をもたらすと期待されました。

  2. 日本・ハワイの連邦構想 カラカウア王は、日本とハワイの合邦(連邦)を提案しました。この提案は、ハワイ王国がアメリカの影響力から脱却し、日本の保護下で独立を維持することを目的としていました。

  3. 海底ケーブル敷設 日本とハワイ間の海底ケーブル敷設を提案しました。これにより、通信インフラを強化し、経済的・軍事的な連携を深める狙いがありました。

  4. アジア連邦の構想 日本を主導とする「アジア連邦」の実現も提案されました。これは、アジアの島国同士の連携を強化し、欧米列強の影響を排除するための戦略的な構想でした。


当時、ハワイの先住民人口は、欧米から持ち込まれた伝染病によって急激に減少しており、またアメリカからの圧力が増大していました。ハワイがアメリカに占領されることを避けるために、カラカウア王は日本との同盟を模索していたのでした。しかし、結果として、カラカウア王の提案が叶うことはなく、のちにハワイ王国は悲しい歴史を辿ることとなりました。


4. ハワイの日系人の歴史


4.1 労働力としての日本人移民(1885年)

19世紀後半、ハワイのサトウキビ農園は労働力不足に直面していました。1885年、日布修好条約に基づき、日本政府とハワイ王国は労働者供給協定を結んでおり、この協定によって多くの日本人がサトウキビ農園で働くためにハワイに移住しました。これが本格的な日本人移民の始まりであり、結果として多くの日系コミュニティがハワイに形成されました。


4.2 移民の生活と労働

日系移民は過酷な労働条件の中で働きながらも、家族を呼び寄せ、コミュニティを形成しました。日本の文化や習慣を維持しつつ、ハワイの生活にも適応しました。彼らはまた、教育や宗教、商業活動を通じてハワイ社会に貢献しました。


4.3 社会的な変化と第二次世界大戦

20世紀初頭、日系人はハワイの社会において重要な役割を果たすようになりました。彼らは教育、商業、農業など様々な分野で成功を収めましたが、同時に人種差別や排斥運動も経験しました。

第二次世界大戦中、真珠湾攻撃後に日系人は厳しい状況に置かれました。本土では多くの日系アメリカ人が強制収容所に送られましたが、ハワイではその数は限られていました。それでも、日系人コミュニティは不信と監視の目に晒されました。

一方で、日系人兵士たちはアメリカ軍に志願し、442連隊戦闘団や100歩兵大隊としてヨーロッパ戦線で活躍しました。彼らの勇敢な行動はアメリカ社会における日系人の地位向上に寄与しました。


4.4 戦後の復興と現代

戦後、日系人はハワイ社会の再建と発展に貢献しました。教育、政治、ビジネスなど多くの分野でリーダーシップを発揮し、ハワイ州の発展に寄与しました。特にダニエル・イノウエ上院議員などの政治家は、日系人の権利と地位向上に大きな影響を与えました。

今日、ハワイの日系人は州の人口の一部を構成し、その文化的影響はハワイ全体に広がっています。日系人の伝統行事や文化施設は、ハワイの多文化共生の象徴となっています。


5. リリウオカラニ女王の生涯と遺産


5.1 リリウオカラニ女王の生涯

リリウオカラニ女王(Liliʻuokalani, 1838-1917)は、ハワイ王国の最後の君主であり、その後はハワイの文化と権利を守るために尽力しました。彼女の生涯について以下に詳しく説明します。


5.1.1 初期の人生

リリウオカラニは1838年9月2日にホノルルで生まれました。彼女は高貴な家系に属し、カメハメハ王朝の一員として育てられました。幼少期から音楽や文化に親しみ、後にハワイ王国の政治に深く関与することになりました。


5.1.2 即位と治世

1891年に兄のカラカウア王が亡くなり、リリウオカラニはハワイ王国の女王として即位しました。彼女の治世は短く、1893年のアメリカ軍が指導したクーデターによって王位を奪われ、ハワイ王国を崩壊させました。クーデターはアメリカの支援を受けた白人実業家たちによって行われ、リリウオカラニはイオラニ宮殿で自宅軟禁されました。


5.1.3 反乱と投獄

1895年には王政復古を目指す反乱が失敗し、リリウオカラニは反逆罪で逮捕されました。リリウオカラニは投獄され、その後も厳しい監視下で生活を余儀なくされました。そして、1898年にハワイの主権はアメリカ合衆国に移譲され、「併合」後のハワイはアメリカ合衆国自治領として準州の扱いを受けることとなりました。


5.2 晩年と最期

リリウオカラニ女王は、ハワイの文化と権利を守るために尽力しました。彼女は作曲家としても知られ、「アロハ・オエ」などの名曲を作り、ハワイの音楽文化に大きな貢献をしました。また、孤児や貧困層の子供たちのための教育基金を設立し、彼らの福祉と教育を支援しました。

リリウオカラニ女王は晩年、健康状態が悪化し、1917年11月11日にホノルルのワシントンプレイスにて79歳で亡くなりました。彼女の葬儀は盛大に行われ、マウナアラ王家の霊廟に埋葬されました。


5.3 リリウオカラニ女王の遺産

リリウオカラニ女王の遺産は、ハワイの文化と歴史に深く刻まれています。彼女の音楽や文学は、ハワイのアイデンティティを強化し、ハワイ先住民の権利と文化の保護に貢献しました。彼女の努力と遺産は、ハワイの人々にとって重要な歴史的遺産として尊重され続けています。


6. ハワイの史実とクリントン大統領の謝罪


6.1 ハワイ先住民が経験した歴史

ハワイの先住民、カナカ・マオリ(Kanaka Maoli)は、長い歴史の中で多くの試練に直面しました。彼らは独自の文化と社会構造を持ち、ハワイ諸島で生活してきましたが、欧米からの接触により大きな変化を余儀なくされました。


6.1.1 欧米人との接触とその影響

1778年にイギリスの探検家ジェームズ・クック船長がハワイ諸島を「発見」したことが、ハワイの歴史を大きく変えました。クックの到来は、西洋の商人や宣教師の訪問を引き起こし、ハワイの伝統的な生活様式に大きな影響を与えました。特に、宣教師たちはキリスト教を広め、ハワイ語の聖書を作成し、教育制度を導入しましたが、その過程で多くの伝統文化が失われました。


6.1.2 疫病の蔓延と人口減少

ヨーロッパ人やアメリカ人によって持ち込まれた天然痘、インフルエンザ、麻疹などの病気によって、ハワイの先住民の人口は劇的に減少しました。多くの先住民が免疫を持っていなかったため、当時約10万人いたとされる人口のうち1万人以上がなくなったとされています。このような疫病の蔓延は、ハワイの社会と文化に深刻な影響を与えました。


6.2 クリントン大統領の謝罪

1993年、ハワイ王国の転覆から100年を迎えるにあたり、アメリカ合衆国政府はハワイ先住民に対して公式に謝罪しました。これは、「謝罪決議」(United States Public Law 103-150)として知られており、1993年11月23日にビル・クリントン大統領が署名しました。この決議は、ハワイ王国の違法な転覆と併合に対する謝罪を表明するものでした。


6.2.1 謝罪決議の内容

歴史的背景の確認

  • ハワイ王国が独立国家であり、国際的に承認されていたこと。

  • アメリカの外交官と軍が1893年にハワイ王国を転覆させた役割を果たしたこと。

謝罪の表明

  • アメリカ合衆国がハワイ先住民に対し、王国の転覆と併合に対する公式な謝罪を表明すること。

ハワイ先住民の権利認識

  • ハワイ先住民の文化、土地、自治権に対する権利を認識すること。


6.2.2 謝罪の影響

クリントン大統領による謝罪は、象徴的な意味を持ち、ハワイ先住民の苦しみと不正義を認める重要な一歩とされました。しかし、実際の政策や具体的な補償に繋がるものではなく、多くの先住民はさらなる行動を求めています。この謝罪は、ハワイ先住民の自己決定権や土地権の回復を求める運動の一部として位置付けられており、現在でもハワイ先住民の権利保護に向けた活動が続けられています。


7. 結論

ハワイ王国と日本の歴史的な関係は、外交、移民、文化交流など多岐にわたるものであり、両国間の繋がりは深く多層的です。カラカウア王の訪日と提案は、ハワイ王国の存続と独立を守るための重要な試みでしたが、当時の国際情勢や国内事情により実現しませんでした。しかし、その先見の明は今日でも評価されるべきです。

また、日系人の移民と彼らのその後のハワイ社会への貢献は、ハワイと日本の文化交流と相互理解を深める一助となりました。彼らの歴史と功績は、ハワイの多文化共生の象徴として今後も尊重され続けています。

更に、ハワイ先住民が経験した困難な歴史と、1993年のクリントン大統領による謝罪は、ハワイの歴史を理解する上で不可欠な要素です。この謝罪は、ハワイ先住民の権利と文化を再認識し、尊重する重要な一歩であり、今後の政策と行動に大いに期待しています。

そして、ハワイ王国最後の君主であるリリウオカラニ女王の生涯と遺産は、ハワイの文化と歴史にとって今でも重要な意味を持っています。彼女の努力と貢献は、ハワイ先住民の誇りとアイデンティティを象徴しており、今後もその遺産が尊重され続けることでしょう。

 


 -----


今回は、私たち日本人が愛してやまないハワイの知られざる歴史や文化をお伝えしました。ハワイ王国と日本の関係、ハワイ先住民の歴史、リリウオカラニ女王の遺産についての理解が深まり、日本、ハワイ間の歴史的な絆が再確認されることを願っています。


最後になりましたが、次回ハワイ旅行に行かれる際は、ハワイの歴史を感じられる観光スポットを訪れてみてはいかがでしょうか?

 

イオラニ宮殿(Iolani Palace)

  • 説明:ハワイ王国の最後の宮殿であり、リリウオカラニ女王が拘束されていた場所。宮殿内のガイドツアーを通じて、ハワイ王国の歴史と文化を学べます。

  • ウェブサイトIolani Palace

カメハメハ大王像(King Kamehameha Statue)

  • 説明:ハワイ統一を果たしたカメハメハ大王の像。ハワイの歴史的背景を理解するための訪問スポットです。

ハワイ州庁舎(Hawaii State Capitol)

  • 説明:近代的な建築物であり、ハワイの政治と歴史に関する展示が行われています。州政府の中心地で、見学ツアーもあります。

  • ウェブサイトHawaii State Capitol

ビショップ博物館(Bishop Museum)

  • 説明:ハワイの歴史、文化、自然史に関する膨大なコレクションを展示。カメハメハ王朝に関する展示も充実しています。

  • ウェブサイトBishop Museum

リリウオカラニ庭園(Liliʻuokalani Gardens)

  • 説明:リリウオカラニ女王にちなんで名付けられた美しい庭園。リラックスしながら歴史を感じることができます。

  • ウェブサイトLiliʻuokalani Gardens

ワシントンプレイス(Washington Place)

  • 説明:リリウオカラニ女王が晩年を過ごした家。現在はハワイ州知事の公邸として使用されています。

  • ウェブサイトWashington Place

パンチボウル国立記念墓地(National Memorial Cemetery of the Pacific)

ハワイ日本文化センター(Japanese Cultural Center of Hawaii)

  • 説明:ハワイの日系人の歴史と文化について学ぶことができる施設。展示や資料が充実しています。

  • ウェブサイトJapanese Cultural Center of Hawaii

マキキ日本人墓地(Makiki Japanese Cemetery)

  • 説明:日本人移民の歴史に触れることができる場所。先人たちの足跡をたどることができます。

ヌウアヌ・パリ展望台(Nuʻuanu Pali Lookout)

  • 説明:ハワイ王国の歴史的重要地点であり、カメハメハ大王の戦いの場所としても知られています。絶景を楽しめる展望台です。

  • ウェブサイトNuʻuanu Pali Lookout

クアロア牧場(Kualoa Ranch)

  • 説明:カメハメハ大王の時代の歴史や伝説に触れることができるツアーに参加できます。映画のロケ地としても有名です。

  • ウェブサイトKualoa Ranch

ポリネシア文化センター(Polynesian Cultural Center)

  • 説明:ハワイ先住民の文化や歴史を体験できるテーマパーク。各ポリネシアの島々の文化が紹介されています。

  • ウェブサイトPolynesian Cultural Center

ハレアカラ国立公園(Haleakalā National Park)

  • 説明:ハワイの自然と伝統的な文化を体験できる国立公園。日の出の景色が特に有名です。

  • ウェブサイトHaleakalā National Park

ハワイアン・ミュージック・アンド・ダンス(Hawaiian Music and Dance)

  • 説明:伝統的なハワイアンミュージックとフラダンスのパフォーマンスを鑑賞できます。

  • ウェブサイトHawaiian Music and Dance

ラウハラウイビーチパーク(Lāʻie Beach Park)

  • 説明:ビーチでリラックスしながら地元の雰囲気を楽しむことができます。

  • ウェブサイトLāʻie Beach Park

カピオラニ公園(Kapiolani Park)

  • 説明:自然散策やリラックスに最適な場所で、ホノルルの中心部に位置しています。ピクニックや散歩に最適です。

  • ウェブサイトKapiolani Park

ホノルル美術館(Honolulu Museum of Art)

  • 説明:多様なアートコレクションを楽しめる美術館で、ハワイやアジアの芸術作品が豊富に展示されています。

  • ウェブサイトHonolulu Museum of Art  

 

 -----

 

参考文献一覧

  1. Kanahele, George S. "Hawaiian Music and Musicians: An Encyclopedic History." University of Hawaii Press, 1979.

  • ハワイの音楽史に関する包括的な資料であり、リリウオカラニ女王の音楽的貢献について詳述されています。

  1. Kuykendall, Ralph Simpson. "The Hawaiian Kingdom 1778-1854, Foundation and Transformation." University of Hawaii Press, 1938.

  • ハワイ王国の成立と初期の変遷について詳細に記述されています。

  1. Silva, Noenoe K. "Aloha Betrayed: Native Hawaiian Resistance to American Colonialism." Duke University Press, 2004.

  • ハワイ先住民の抵抗運動とアメリカの植民地化に対する視点が提供されています。

  1. Van Dyke, Jon M. "Who Owns the Crown Lands of Hawaii?" University of Hawaii Press, 2008.

  • ハワイの土地所有問題とそれに関連する法的問題についての分析です。

  1. Beamer, Kamana. "No Mākou Ka Mana: Liberating the Nation." Kamehameha Publishing, 2014.

  • ハワイの独立運動と文化的復興についての視点が提供されています。

  1. Schweizer, Niklaus R. "Turning Tide: The Ebb and Flow of Hawaiian Nationality." Peter Lang, 2005.

  • ハワイの国民意識の変遷についての研究です。

  1. U.S. Public Law 103-150 (Apology Resolution), 1993.

  • アメリカ合衆国がハワイ先住民に対して公式に謝罪した際の法的文書。

  1. Young, Kanalu G. "Rethinking the Native Hawaiian Past." Garland Publishing, 1998.

  • ハワイ先住民の歴史とアイデンティティについての再評価が行われています。

  1. Beckwith, Martha Warren. "Hawaiian Mythology." Yale University Press, 1940.

  • ハワイの神話と伝説についての詳細な解説。

  1. Daws, Gavan. "Shoal of Time: A History of the Hawaiian Islands." University of Hawaii Press, 1968.

  • ハワイ諸島の全体的な歴史を網羅する重要な資料。

インターネットリソース

  1. Hawaiian Historical Society - 公式ウェブサイト(http://www.hawaiianhistory.org)

  • ハワイの歴史に関する資料や文献が提供されています。

  1. Office of Hawaiian Affairs - 公式ウェブサイト(https://www.oha.org)

  • ハワイ先住民の権利と文化保護に関する情報を提供しています。

  1. Library of Congress - "The Annexation of Hawaii: A Collection of Documents"(https://www.loc.gov/collections/hawaii-and-the-united-states/articles-and-essays/annexation/)

  • ハワイのアメリカ併合に関する一次資料。

  1. Hawaii State Archives - 公式ウェブサイト(http://ags.hawaii.gov/archives/)

  • ハワイの歴史的文書とアーカイブを提供。

その他の参考文献

  1. Liliʻuokalani, Queen. "Hawaii's Story by Hawaii's Queen." Lee and Shepard, 1898.

  • リリウオカラニ女王自身による自叙伝であり、彼女の視点からハワイ王国の歴史を知る重要な資料です。

  1. Osorio, Jonathan Kay Kamakawiwoʻole. "Dismembering Lāhui: A History of the Hawaiian Nation to 1887." University of Hawaii Press, 2002.

  • ハワイ王国の政治史とその解体過程についての研究。

閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page