介護担当

​外国人雇用日本語教育サービス

​介護業界向け外国人雇用のための日本語教育事業

介護業界の外国人雇用(外国人技能実習生及びEPA介護福祉士候補者の雇用)における日本語教育・学習支援はアシーマにお任せください!

弊社の講師陣は、介護業界での外国人スタッフに向けた日本語教育の経験者です。

授業のカリキュラムも、介護業界に特化したレッスン内容であることは当然ですが、お客様(介護施設様・医療機関様)からの個別のリクエストやご相談への対策を盛り込むことで、実務で直ぐに活用できる日本語学習サービスです。

過去には、このようなご相談を受けました。

コロナ対策の一環として、オンラインのみでのレッスンを希望しているが、オンラインでも対面と同等の学習効果は期待できるのだろうか?

 →弊社は、日本全国どこでもレッスンが行えるよう全てのレッスンをオンラインで行います。対面よりも効率的・効果的に円滑なオンラインレッスンを提供できるよう様々な工夫(宿題やミニテストの実施、レッスンレビュー等)を行い、生徒さん(外国人スタッフ様)にご満足頂き、結果が身につくをレッスンを心がけています。

外国人スタッフの入職後のコミュニケーションにご不安を感じている。

 「ふたを開けたら…予想以上に日本語が苦手みたいなんだけど」というご相談が増えています。川の流れが止まってしまうと水が腐ってしまうように、言葉も使い続けないとどんどん忘れて行ってしまうものです。コロナ前まで頑張っていた日本語を忘れてしまっている外国人の方も少なくないようです。そのようなスタッフ様の日本語のブラッシュアップにもぜひご活用ください!

現場の日本人の先輩スタッフ様や同僚スタッフ様とのコミュニケーションをより円滑にしたい。

 →当日本語レッスンは、施設利用者様との交流だけでなく、現場の皆さまとのやり取りを考慮したカリキュラムの策定もさせて頂きます。

​国や都道府県からの補助金を受けられます!

2022年6月現在、弊社で確認している範囲で、

以下の都道府県(または市町村)において支援を受けることが可能です。

 

●東京都 1.外国人従業員に対する研修等支援助成金 補助率2分の1   

     2.外国人介護従事者受入れ環境整備等事業 補助率100%

●千葉県:補助率100%
●静岡県浜松市:補助率2分の1
●滋賀県
●富山県
●新潟県新潟市

※各事業・補助金に関する詳細は、個別に各自治体の担当窓口にお問い合わせください。

<<レッスン開始までの流れ>>

① 初回打ち合わせ(ご面談・ヒアリング):御社のご要望やご相談内容をお伺いします。    

  ※Zoomでのお打ち合わせも可能です。

② カリキュラムのご案内

レッスン詳細のご説明及びご提案(お見積り)

担当講師の紹介

③ 業務委託契約締結

(御社と株式会社アシーマ間の業務委託契約を締結させて頂きます。)

④ レッスン環境のご準備をお願いいたします。

(ネット環境、パソコン・スマホのご準備など。)

  ※環境のご準備に関するご質問もお気軽にどうぞ。

⑤ オンライン日本語レッスンの開始  

 ​